*

遠距離恋愛の末に自然消滅。お互いの気持ちを育みながら、恋愛とは何かを学ぶ。

【注目記事】前に進めない片思いの悩みには電話占いが一発解決!?
【人気記事】あなたを幸せに導く当たる電話占いランキング!

私は今33歳の主婦です。今は結婚して子供もいて幸せに過ごしています。

そして今の主人は本当に私の運命の人だと信じていました。

運命の人なんて言い方は古風で今時信じる人も少ないかもしれません。でも本当に恋愛とはそういうものではなく、二人が気持ちを確かめ合って、お互いへの愛を育んでいかなければ成就しませんし、継続もできないと私は思っています。

しかし、その当時まだ20歳で出会った私は恋愛に、そして彼にはまってしまい、その「運命の人」という言葉を信じいてお互いの気持ちを大切にしていませんでした。

高校時代に出会ったクラスメイトの男子からの突然の告白

彼と出会ったのは高校生の時でした。
同じクラスで一番気の合う男友達でした。もちろん女の子の友達もいましたが彼といる時が一番楽しくて、いつでも一緒にいました。
でもそれはまだ恋愛とか愛だとかいう感情でもなく、ただ楽しいから、といった理由でした。

そんな高校時代最後の日、卒業式の日に彼に突然告白されたのです。
私は大変困りました。もちろん彼のことは好きだし、一緒にいたい気持ちはありましたが、彼は北海道の大学に進学するので付き合うことになっても、遠距離恋愛になることが決まっていましたし、彼に対する気持ちは恋愛の好きとはまだわかっていませんでした。

それでも彼はメールや、電話、長い休みの日には帰ってくるから、ということで付き合おう、というのです。
恋愛をしたことない私は、「彼氏」という響きに憧れてOKをしました。それから彼が北海道に旅立つまで毎日彼と過ごしました。
遊園地、水族館、近所の公園、いろんなところを二人で過ごしました。高校の時に学校で過ごした毎日より、より楽しい日々でした。
キスもしました。彼と抱き合って、彼に抱かれ一晩過ごした夜もありました。

これが恋なんだ、私は彼が好きなんだと、日々幸せをかみしめていました。そして彼も同じ気持ちでいてくれていることの幸せも感じていました。でも、そんな日々は一瞬でした。彼は北海道に旅立ち、私も新しい大学生活を始めました。

始まった遠距離恋愛、大切に思われているんだという自信が裏目に

 大学が始まり思った以上に忙しい現実でしたが彼は絶対に毎日電話をしてくれましたし、暇さえあればメールを送ってくれていました。最初は会えない寂しさでいっぱいでしたが、大学の新しい友達、サークル活動など新しい環境に慣れていくにつれて、彼の存在は薄くなっていきました。

もちろん彼への気持ちは変わらずにいましたし、彼が私への気持ちも絶対何があっても変わらないだろう、と勝手に思っていました。
私が返事を書くのを忘れても、電話してくれても、眠いから、そっけない態度を取っても、絶対の自信があり、その自信から彼のことをなおざりにしてしまいました。
それでも彼は最初の夏休み、遠いのに帰ってきてくれ、二人で小旅行にも行きました。本当に私のことを大切にしてくれていることを実感し、その変な自信はますます増えていきました。

夏休みが終わり、次の冬休みのまでの間また彼のことをなおざりに自分勝手な生活をしていました。
別に好きな人ができた、とか、浮気をしてしまった、とかはないのですが、毎日何回もメールしてくる彼をうっとおしく感じる時さえありました。
そんな自分勝手な私に気づいたのか、連絡も少なくなり、電話も彼はそっけなく、彼からしてくれることがなくなりました。

そうして彼とは自然消滅してしまいました。

 そう望んだのは私ではなく彼でした。連絡が本当に途絶え、そっけなくなっていく彼に気づいたのは彼が、冬休みは帰らない、といった時で、彼と一緒にいられなくなると気づいた時はもう遅すぎました。
お正月を一緒に過ごしたかった、というと、今更だよね。と言われました。今までそっけなくしていた私への当然の報いでした。振られたことに気づき、そうして初めて彼の大切さ、どれだけ自分が彼を好きだったかに気づきました。

自然消滅したものの気持ちは消滅していなかった

 残りの大学生活は虚しいものでした。もちろん友達がたくさんいて楽しかったし、彼氏もできましたが、彼以上に思えることはありませんでした。

大学を卒業したその春、高校時代の同窓会の招待状が届きました。
まだ彼のことを思っていた私は彼に会えることを期待し出席しました。

彼も来ていて再会することができました。彼とは彼氏である前に、大切な友達だったことを思い出し、何もなかったかのように話すことができました。
別れてから3年ほど経ち、就職も決まった彼は大人の男になった彼ですが、話しているとあの頃のままなのです。

やっぱり好きだ、と確信した私は別れ際、あの時のことを謝って、これからも一緒にいたい、と正直に伝えました。

彼と別れてからの時間ずっと言いたかった言葉でもあり、付き合ってた頃も一度も言えなかった「好き」という言葉も言えました。

彼は、「嬉しい、お前と離れて寂しかった。ずっと近くにいたかった。」と彼も素直に言ってくれました。そうして恋に恋していた
あの頃の私を卒業し、素直に自分の気持ちを伝える、そして相手の気持ちを尊重する
それが恋愛なんだと学びました。

 お互い就職し、忙しい時もお互いの時間、気持ちを大切にし、二人で愛を育み、結婚することができました。今の幸せは、もちろん自分の失敗からあるのだとかみしめています。

あの時の遠距離恋愛の末の自然消滅が無ければ、彼の大切さを身に染みることはなかったでしょうから。




スポンサードリンク

【注目記事】前に進めない片思いの悩みには電話占いが一発解決!?
【人気記事】あなたを幸せに導く当たる電話占いランキング!

関連記事

dakiau

親の反対を無視して愛する彼の元へ。宗教トラブル恋愛体験談

今回の恋愛体験談は宗教が絡むちょっと複雑なお話し。私は宗教が原因で恋愛に悩まされた事は無いけど、

記事を読む

koinito

短大で出会った先生との夢という非現実の混ざりあった不思議な恋愛体験

 私は、現在四十路に入った女性です。この体験をしたのは、20代前半の時で、随分と昔のお話しになるな、

記事を読む

koukousei

高校の入学式、一瞬で一目ぼれした初めての彼女との初恋

僕は現在18歳のです。 僕が初めてお付き合いしたときの年齢は15歳で高校1年生の時でし

記事を読む

gekou

隣の席の男子を好きに 思いを伝えられない切ない恋愛体験談

中学や高校で隣の席や前後の席になった男子の事を好きになってしまった事がある人は多いでしょ

記事を読む

basuke

ダメだと分かっていても好きになる気持ちは止められない。バスケ選手との淡い恋愛体験談

これは私が27歳の時の話なんですが、当時仕事で知り合った7つ年下の男性を好きになりました。そ

記事を読む

hert

略奪愛の先にあるのは本当の幸せか?実際にあった恋愛体験談

相手には別の彼女がいる。二股の関係を続けていると「自分が一番になりたい。本命の彼女の存在が邪魔だ。私

記事を読む

oyako

結婚しているのに本気で好きな人が出来てしまった辛い経験談

結婚していても好きな人が出来てしまう事はあるでしょう。今回の恋愛エピソードをお話ししてくれたのは20

記事を読む

kyousitu

中学1年から始まった恋 初めての私の失恋体験談

 これは今も続いている私の恋愛事情の話です。 私の通っていた中学校では異性との連絡交換が禁

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 出身地:静岡県
    血液型:B型
    趣味:占い
    こんにちは。恋愛アドバイザーの直美です。学生時代から精通している心理学、行動科学の知識を生かして、失恋や片思いに悩む人を救いたいと思いこのサイトを立ち上げました。あなたの辛い時期を乗り越える為に役立つ記事があれば幸いです。どうぞゆっくりご覧になってください。
naomi2
本当に当たる電話占いランキング 占いマニアの直美が大調査!

こんにちは。恋愛アドバイザー兼占いマニアの直美です。現在30代後半

cuple4
前に進めない恋愛、片思いの悩みには電話占いが一発解決!?

好きな人が自分の事をどう思っているのか?それを知ることが出来た

denwa
失恋直後は電話占いが効果的!?電話占いWILL(ウィル)を使ってみた

大きな失恋をした直後はどんなに心の強い人でも人と会うのが嫌にな

kanasii
結婚を意識した29歳の辛い失恋から立ち直った恋愛体験談

彼とは、二年の遠距離恋愛でした。ですが、高校生の頃にも二年付き

gekou
大失恋を経験したからこそあなたに言いたい事「別れられて幸運だ!」

失恋体験者:リョウタさん 21歳 私は高校時代付き合って

kaiwa
好きな人に好きな人がいる時に絶対にやってはいけない事とは?

好きな人に好きな人がいると分かった時あなたならどんな行動をとり

no image
後悔しない恋愛、失恋をしない為には男の性質を知る事が肝心

私には高校生の時に好きな人がいました。合コンで知り合った男の子

gekou
【失恋体験談】彼の事が好きすぎて自分を安売りしてしまう女子高生

私が初めて異性と付き合ったのは、高校二年の夏でした。 彼は同

→もっと見る

PAGE TOP ↑