*

結婚を決めない優柔不断男との別れとその後の婚活 失恋体験談

【注目記事】前に進めない片思いの悩みには電話占いが一発解決!?
【人気記事】あなたを幸せに導く当たる電話占いランキング!

なかなか結婚を切り出さない男。それどころかずるずると先延ばしにする。男性は年齢を重ねても婚期を逃す事はありませんが、女性の場合は出産や容姿の事を考えると、男性のようにのんきにしていられません。今回の失恋体験者は、そんな優柔不断男との別れを決意し、新たな生活を歩み始めた30歳の女性のお話です。

kenka

失恋体験者:30歳 女性 会社員 安武さん

私は、3年半付き合った彼氏と別れる事になりました。
その彼氏は私が初めて付き合った最初の男性でした。

しかも、27歳になって、初めてできた彼氏ということで、将来的には、結婚ということも考えていました。

彼氏からも、「子どもが生まれたら、デレデレになると思う」など、結婚を考えてる発言が何度かあったので、私としても、彼氏が結婚を考えてくれていると思っていました。

ですが、その考えは私だけの勘違いだったようでした。

彼氏は、バツイチです。私と出会う少し前に、前の奥さんと別れたとのことでした。

前の奥さんとの別れた理由が「奥さんの浮気」だそうです。
出会った時は、私は彼氏と付き合うとは思っていなかったので、あまり深くその別れた理由を考えていませんでした。
ですが、よくよく考えると、彼氏が私と会ったり遊んでくれたりしていた理由は、前の奥さんとの別れた寂しさを紛らわすだけだったようです。

奥さんとの別れた理由が、奥さんの浮気という事で、彼氏側は、まだ奥さんの事が好きで、でももう会えないという状況で、そんな時に都合良く私と出会って、私に連絡をくれるようになって、私はそれを、恋だと勘違いしていたのかなと思います。

私が、もう30歳を過ぎ、結婚を考えだした時に、彼氏に、結婚の事を考えてくれているかを確認しました。

すると、「今年中に結婚の事を考える。将来の事を考えて、今よりも給料の良い所に転職をして、私の実家から近い所で仕事を探す」と言ってくれました。

最初は、とてもうれしくて、その言葉を信じていました。

実際すぐに、前に勤めていた会社を辞めたのですが、そこからがなんだか私の思っている方向とは違う方向に進んで行きました。

仕事を辞めた後、私との将来を考えて、仕事探しをしてくれているかと思うと、彼氏は、仕事を辞めた後には、友達と遊びに行ったり、旅行に行ったり、なんだかリフレッシュしているのです。

次の仕事を探して、新しい職には就いてくれたのですが、最初に言っていた事とは全く違い、私の実家からは全然遠い所に就職をし、しかも、あまり深く考えずにその会社の面接を受け、とりあえず働きだすけど、続くかは分からないと言われたのです。

そして、いつまで経っても、結婚について言ってくれない彼氏に、もう一度結婚の事を切り出してみました。男性に対して結婚の事を迫るような事を聞いてはいけないというのは、雑誌か何かで見た事がありましたが、そんな事気にする事ができませんでした。

すると、「お金が貯まっていないからまだ、結婚は無理。いつになるかも分からない」と最初に言っていた事とは全く違う事を言われました。

私は、結婚をしたいと考えています。

なので、まだまだ結婚は無理だと言われ、とてもショックでした。

新しい男性との出会いは客観的な視点を与えてくれる

正直言うと、嘘をつかれたという気持ちになり、彼氏との今後に不安を感じ、話し合いの結果、別れる事になりました。

嫌いで別れた訳ではないので、別れた後も、毎日毎日泣いて、忘れられず、会いたいという気持ちが出てきました。もう一度付き合いたいと思ってしまう事もありました。しかし、とにかくここで連絡をしたら自分の価値が下がるだけだと思い、ぐっと我慢しました。

早く、彼氏の事を忘れるために、新しい恋をしようと、婚活をするようになりました。

婚活で、いろいろな男性と会って、ご飯をしていると、やっぱり、彼氏と一緒に居た事が思い出されて、楽しかった思い出が思い浮かんできてしまいます。

ですが、前の彼氏と、他の男性とを冷静に比較する事ができるようになってくると、前の彼氏と結婚をしていたとしたら、きっとズボラな性格の彼氏にイライラしていたかもしれないと思うようになりましたり、もっと、仕事が安定した人と結婚する方が、今後安心して暮らして行けるなと思うようになりました。

よく、失恋を忘れる為には新しい恋が一番といいますが、私の場合はすぐに恋をする事はできませんでした。しかし、いろいろな男性と実際に出会う事は、自分の事や別れた相手の事を客観的に見る事が出来るので、恋はできなくてもいろいろな男性に出会うべきだと感じました。

別れた時は、もう、一生男性を好きになる事は無いと思い、仕事も手に付かないほど泣きましたが、婚活をして、新しい恋に向けて、踏み出してみると、異性に好まれる服装や髪型を心がけたり、自分磨きをがんばろうと思えるようになりました。それは、自分にとってとても良い事です。より綺麗に魅力的になれるのであれば。と同時に彼氏と別れた事自体も自分にとっては良い事だったなと思えたのです。

別れた事はとても、辛い経験でしたが、彼氏が悔しがるくらい、良い女になってやろうと思えるようになりました。今では彼と寄りを戻したいという気持ちは一切ありません。




スポンサードリンク

【注目記事】前に進めない片思いの悩みには電話占いが一発解決!?
【人気記事】あなたを幸せに導く当たる電話占いランキング!

関連記事

kenka

彼が別の女と歩いている所に遭遇 人生最大の失恋体験談

付き合っているのか付き合っていないのかわからない、そんな状況の中、彼が別の女と仲良く歩いてい

記事を読む

jyosikousei

1ヶ月という短期間で女子高生が失恋を乗り越えた方法とは

体験者:横浜市 エンジェルさん 18歳 女子高生  私は現在18歳の高校生です。当時付

記事を読む

ofisulove

[失恋体験談]曖昧な関係のオフィスラブを終わらせた許嫁の存在

一度はあこがれるオフィスラブ。しかし、終わりを迎えた後の関係は気まずい雰囲気で仕事もしにくくなる為、

記事を読む

sapu

悪い男は女の寂しいオーラを読むのが上手い?元サヤへ戻ったサプライズ上手な彼との失恋体験談

失恋体験者:26歳 専業主婦 山崎さん 現在26歳で、主婦をしています。消防士の32歳

記事を読む

bar

上京後に出来た恋人からの突然の別れの手紙

50才 女性 A子さん 経験したときの年齢は20才。 当時の職業は販売員。 当時の私は、働

記事を読む

cuple

彼女と私のどっちを取るの!?恋は実らず振られてしまった社内恋愛体験談

失恋体験者:34歳 主婦 あすなろさん 私は現在34歳の専業主婦です。28歳の時に結婚

記事を読む

hutamata

彼女と別れてくれない優しい優柔不断男に二股かけられ海に飛び込んだ壮絶失恋体験談

体験者:33歳 専業主婦 Y美さん 私が二十歳の大学生の頃の話です。 他

記事を読む

sakebu

信じていた彼の裏切り、立ち直れなかった壮絶な失恋体験談

高校時代から仲の良かった彼。一途に思ってくれていた彼。誰よりも大好きだった彼。 心から信じていた彼

記事を読む

denwa8

マッチングアプリ「ペアーズ」で出会った短い失恋体験談

今回の失恋体験談はマッチングアプリを使って出会った男性との短い恋のお話しです。私はマッチングアプリを

記事を読む

kanasii

結婚を意識した29歳の辛い失恋から立ち直った恋愛体験談

彼とは、二年の遠距離恋愛でした。ですが、高校生の頃にも二年付き合っていた彼との元サヤだったた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 出身地:静岡県
    血液型:B型
    趣味:占い
    こんにちは。恋愛アドバイザーの直美です。学生時代から精通している心理学、行動科学の知識を生かして、失恋や片思いに悩む人を救いたいと思いこのサイトを立ち上げました。あなたの辛い時期を乗り越える為に役立つ記事があれば幸いです。どうぞゆっくりご覧になってください。
naomi2
本当に当たる電話占いランキング 占いマニアの直美が大調査!

こんにちは。恋愛アドバイザー兼占いマニアの直美です。現在30代後半

cuple4
前に進めない恋愛、片思いの悩みには電話占いが一発解決!?

好きな人が自分の事をどう思っているのか?それを知ることが出来た

denwa
失恋直後は電話占いが効果的!?電話占いWILL(ウィル)を使ってみた

大きな失恋をした直後はどんなに心の強い人でも人と会うのが嫌にな

kanasii
結婚を意識した29歳の辛い失恋から立ち直った恋愛体験談

彼とは、二年の遠距離恋愛でした。ですが、高校生の頃にも二年付き

gekou
大失恋を経験したからこそあなたに言いたい事「別れられて幸運だ!」

失恋体験者:リョウタさん 21歳 私は高校時代付き合って

kaiwa
好きな人に好きな人がいる時に絶対にやってはいけない事とは?

好きな人に好きな人がいると分かった時あなたならどんな行動をとり

no image
後悔しない恋愛、失恋をしない為には男の性質を知る事が肝心

私には高校生の時に好きな人がいました。合コンで知り合った男の子

gekou
【失恋体験談】彼の事が好きすぎて自分を安売りしてしまう女子高生

私が初めて異性と付き合ったのは、高校二年の夏でした。 彼は同

→もっと見る

PAGE TOP ↑